ぐうたらシゲ公のつぶやき

勝手気ままに日々の生活の中で考えていることや
思いついた事を日記風に書きたいと思っています。

断る勇気も

=来るものは拒まずと言うが=
去る者は自分に用事がないか興味がない人なので
追っかける必要はない。


来るものは自分に興味があり何か用事がある人
だからどんどん受け入れるべきだと思っていた。


しかし何でもかんでも頼みごとを何も考えないで
受けていたら大変なことになることもある。


お人好しや脇の甘い人に擦り寄ってきて上手に
その人を利用しようとする連中がいる。


ある商店主が
300万借りるから保証人になって」
と言われて書類の内容を確認しないで実印を
押した、しかしその借入金は単なる保証人ではなく
連帯保証人であった、しかも根保証であつた。


自分は青木雄二の「ナニワ金融道」を
読んだりしていたので「根保証」という
言葉と内容は知っていた。


300万借りたあとまた500万を最初の契約の
書類だけで借りる事ができる、追加融資を
繰り返しても商店主にその都度通知をして
いないので商店主は300万だけの保証と思っていた。


しかし借主が夜逃げしてしまったので商店主は
借金を肩代わりする羽目となってしまった。
なんと借金は3000万まで膨れ上がっていた。


怖い話である、商店主はこの時初めて
「根保証」を知ったが実印を押したら最後、
保証人も倒産して破産してしまった。


日本人は性善説に基づいて物事を判断する。
騙されたひとよりも騙した人が悪いと考える。


中国人は
騙した人よりも騙されたひとが悪いと考えるらしい。


一般的には人から何か頼まれるとなかなか断れないものですね。


「断わる勇気」ありますか?
断ると相手の人から嫌われるやろなぁと思いますよね。
心を鬼にして「嫌われてもいい」と決断出来るかなぁ???


お金がある、地位がある人には絶えず人は寄ってくる。
「シゲ公はどうや?」
「大丈夫」
「お金もない、地位もないので寄り付きません」


夏はざる蕎麦ですね



ドライな人が多くなった?

=配慮する気持ち=
あるトーク番組で年金問題を
議論している中、一人の作家らしき
人が「あと10年経てば団塊世代の
人たちが死んでいく」


「そうなれば年金の支出も大きく
減少するのではないか」
おいおい、団塊世代の人達の寿命は
あと10年ということか?


確かにあと10年から20年くらい
だと思うが、人生の先輩に対して
もう少し配慮して発言する気持ちが
あっても良いのではないか?


団塊世代の人が多いので年金の負担が
多くなる、この人たちがいなくなれば
制度も正常な状態に戻り楽になるので
将来が楽しみだと言わんばかりの
発言のように聞こえてしまう。


団塊世代の人たちを厄介者にしては
いけません。
この作家がこのような発言をしたので
今後この人を見たくなくなる、ツイッターを
見ているとこの人が虎ノ門ニュースで
絶えず出てくるのですぐにスルーしてしまう。


どうも日本人は昔から食い扶持を減らす
ために老人から早く死んでもらおうとする
風習がある。


数十年前に映画「楢山節考」を見て
人は生きるためにこんなことまで
するのかと思い知らされた。
実際の姥捨て山なるものがあったのか
どうかをいろんな文献を見て調べた
ことがあった。江戸時代の末期まで
あったようだ。間違っていたらすいません。


話は少し変わるが
人は情けや義理と言ったものを何時から失って
しまったのか?昔からなかったのか?
自分は古い人間かも知れないが「情や義理」
というものは大事な事だと思っている。


自分はお世話になった先輩たちが困っている
時は何とか手助けしてきたつもりである。


困っている後輩には色んなところに働きかけ
てピンチを救ってやったりもした。


しかし後輩連中は自分がピンチの時、誰も
知らふり、情けなかったが期待した自分が
愚かであったかも知れない思い、何かににつけ
今後は「期待」しないことしている。


義理などは幻であったかも知れない
ですね。
人間より犬のほうが義理堅いかも
知れませんね。


ゴルフ場の昼食、隣で豪華なうな重
ええなぁ 思い切って来週は?



思い切って、いや我慢かなぁ

お互いに我慢しながら生活していませんか?
熟年夫婦の離婚はここ10年で2倍に増えているらしい。
勿論、若い夫婦の離婚も昔に比べると多くなっているらしい。


新婚当初はラブラブであっても子供が出来ると夫婦は子供中心の
家庭になり不満があっても我慢し続ける。


子供が成長して親から離れる頃が危ないらしい。
子供が独立したあとは二人だけの生活となる。


しかし、夫から離れてこれからの人生は
自分のために生きたいと思うようになり
別々の行動をするようになる夫婦もある。


思い切って熟年離婚する夫婦もあれば
近場で別々に住む夫婦もある。


友人の夫婦は近場に住み、お互いにある程度収入があるので
生計は別々にしている。時々会って一緒に食事をしている。
何でこんな生活するんやろ?
と思うことがあるが・・・。


でも「よくわからない」
 夫婦仲は他人が外から見てもなかなか分かりにくい。
何かのきっかけでまた一緒に暮らすかも知れない。


仲の良い夫婦はいつも二人で買い物に行ったり
二人で旅行に行ったりしている。
良いなぁと思うことがあるが
何か束縛されて窮屈な気もする?


お金があったらやりたいなぁと
思う事がある、週の内5日は郊外の
別荘で暮らし後の2日は家に戻る生活。


「どうですかね?」
そんなに家にいるのが嫌なら
そのままずーと別荘にいたら?
と言われそうですね。


別居しても家事が好きな人は別に苦にならないと思うが
嫌いな人は大変ですね、毎日、外食になりますよね。
その点、シゲ公は料理も掃除洗濯も苦にはなりません、
別居しても大丈夫ですが・・・。


老後の夫婦のあり方を真剣に考えているのは
妻の方かも知れませんね、どうも男は何も
考えずに生きている人が多いように思う。


食事や家事の手伝いを全くやらない人も
いるらしい、自分の周りにはいないが。


何も出来ない夫は妻の言うことを
聞かないと捨てられますよね。


すべて出来る夫は家出して新しい
自分だけの人生つくるこも出来るが?


結婚して良かったと即座に答えられる夫婦はいつまでも
仲良く暮らせると思う。


離婚や面倒な別居生活しなくて済む、しかし
良かったのか、悪かったのか、どちらかよくわからない
夫婦が一番困るのではないかと思う。


離婚するほどでもないが一緒に住むのが
少し、しんどいなぁという夫婦、
離婚しないのなら仲良くするか
我慢するかどちらかしかない。


「こんな夫婦多くありませんか?」
「あまりないね」
「いると思うよ」


「うーーん、ようわからんわ」


夏バテ防止にとんかつ?