おっさんシゲ公のブログ

勝手気ままに日々の生活の中で考えていることや
思いついた事を日記風に書きたいと思っています。

怖い国やなぁ

アメリカで銃の乱射事件があり
多数の尊い命が奪われた。
過去、何回も同じことが起きている。


これからも同じことが繰り返される
と思う。


銃規制とか言っているが規制じゃなく
一般の市民が銃が持てないようにするしかない。


そんなもん、今のアメリカで出来る
訳ないやろと言われそうだが・・・。


なぜ規制がうまく行かない原因などは
専門家で無いので詳しくは分からないが
ある協会の活動によりなかなか前に進まない
らしいと言われているが?


日本では幕末まで武士は刀を腰に
ぶら下げていた。
しかし明治9年に廃刀令を発布した、
この時、士族はかなり抵抗したようだ。


アメリカは過去に銃をなくすチャンスが
あったかも知れない、それを逸したため
現在に至ったのではないかと思う。


アメリカは自分の身は自分で守ると言う
精神が今だに続いている。


警察は何のためにあるのか?


アメリカを旅行したとき、ガイドの
人が弁護士の数が異常に多いんですと
言っていた。


何か揉め事があったらすぐに
訴えて裁判になることが多い
ので弁護士も多くなる。


確かにこれだけ色んな民族の
人が多くいる国は無い。


だから何かで揉めた時、違う民族
だと話し合って解決する事が
難しいので裁判による解決方法が
選ばれるのではないかと思うが
どうなのかなぁ?


みんなが銃を持っているので
争ったときは怖い。


大型スーパーで簡単に銃が
買える国、理解しがたい。


民主主義国家アメリカから
無くすには大きな世論の動きが
あり、全米で激しいデモが展開
されることがあれば少しは
変わるかも?


根の深い問題だ。


日本は治安がええから
ゆっくり昼寝できるわ




出すぎや

政治にはあまり詳しくは
無いが毎日のニュースを
見ていると衆議院選挙関連
の話題が多いのでどうしても
そちらに目が向いてしまう。


いつも小池さんの言動や行動
に注視している。
希望の党の代表としてみんなを引っ張っていく
パワーは素晴らしい、信念というものを
感じてしまう。


ちょっと考え方に付いて行けないところが
多少あるが応援したくなる。


今、小池さんは苦境に立たされている、
二足のわらじを履かずに都知事に
専念して欲しいと言う都民の声がある
しかし、このままだと野望が
実現出来なくなってしまう。


また、小泉進次郎氏や自民党の幹部が
国政に出てくるべきだと、喧嘩を
仕掛けるような発言で責め立てくる。


都知事を辞めて国政に出たら
都政を投げ出したと言う批判を
受けざるを得なし、逆風が吹く。


これは難しい選択だ。


今のところ出馬しないと
言っているようだが今後
どうなるかは分からない。


都議選のように都議会自民党と言う
明らかな敵がいないので
今回の選挙は厳しいかも?


希望の党のNO2とされている
若狭さんは大物のイメージがなく、
爽やかさもないので2枚看板とは
ならない。


テレビで政治評論家なる方々が
色々と解説しているがそのなかで
田崎史郎氏の発言は安倍擁護的では
ないかと感じる事が時々見受けられる。


こんな解説したらアカンやろ
この人、テレビに出過ぎや
もっと他にいないの?


他にも小池さんに厳しい評論を
する人もいる、こんな人が頻繁に
テレビに出ると小池さんのイメージ
ダウンに繋がる。


今後どのようにして挽回して良い
イメージ作りをしていくか
楽しみだ。


昨日の昼飯はかき揚げ蕎麦



凡人には出来ないが

小池さんはやっぱり戦略家であった。
前原氏を口説き、自分の味方にして
民進党の保守議員を取り込むことに
成功した。


この人のスタンスはあまりブレない、
民進党の中には護憲派の連中が結構
いる、これらの人まで取り込んだら
党内で一致団結ができなくなる。


しかし、選挙のためには理念を変える
議員が出てくる事も有の世界。


既に民進党の現状を見て学習済であるので
小池さんはその辺を見抜いて人選するのか?


何があっても壊し屋の小沢一郎と
組んだら後で何かと揉めるようになる。


こんな人、中に入れたら振り回されます。
子分のいない一人親方です、組んでも
何のメリットもない、ネームだけはビッグだが?


国政でのチャンスは小池さんにとっては
年齢的にも今回が最後かも知れない。


「二足の草鞋が務まるほど生易しいものではない」
と批判されたり、「都知事に専念すべき」との
声も多い、しかし凡人には出来ないが
スーパーウーマンの小池さんなら出来ると言う
人も沢山いる。


都知事を辞めて衆院選に出ると言うと
都民の反発で風向きが変わる事も考え
られるので決断はなかなか難しいと
凡人のシゲ公は思うのですが・・・。


シゲ公の提案ですが
激務をカバーする為に元小池さんの
秘書で元横浜市長の中田宏氏を
副知事にしたらどうか?
これで二足の草鞋問題は解決されると思う。


小池さんが国政で大きな野望を
お持ちでしたら今回の衆院選に
出馬するしかないでしょう。
いま世論の様子を伺っているところか?


何か考えてくるなぁ、この人は
またビックリするような
サプライズあるかも?


凡人には出来ないことも
小池さんはやれる、凄いパワーを
持っている女性だ。


昨日のゴルフ場での昼食