ぐうたらシゲ公のつぶやき

勝手気ままに日々の生活の中で考えていることや
思いついた事を日記風に書きたいと思っています。

今日は何をするの?

=今日も朝から暇ですなぁ=


7時30分過ぎに起きて朝食、
パンと牛乳だけの簡単なもの、
食べながらモーニングショーを見る。


嫌いなコメンテーターが出ていると
チャンネルを切り替える。


テレビのコメンテーターも色々で
お笑い芸人から弁護士まで多種多様な
職業の方々がコメントしている。


良いコメントするなぁと思う人は
ごく僅かであとは的外れな事を言ってる
人が大半ですね。


お笑い芸人や無知なタレントに政治や
経済のことを聞いているがこれは
所詮無理な話である。


自分はあまり見ないが正午からフジテレビ系列の
番組ではコメンテーターは単なるタレント・昔の
歌手・面白くない漫才師ばかり、こんな連中の
コメントなど聞く気もしない。


芸能ネタや不倫ネタ中心にやればいい、
ヘタに政治を入れるからチンプンカンプンに
なってしまう。


ところで
「シゲ公、朝からぼやいてばっかりやなぁ」
「今日は何するの?」


モーニングショー見たあと、部屋の掃除
そしてブログの更新、時計見たら
まだ10:00過ぎや夜まで
たっぷり時間があるなぁ・・・・。


思い切ってあてのない外出して
みるか?


デパートの催しをチェックして見に行くか?
奈良公園に行って鹿の餌ヤリに行く?
久しぶりにゴルフ練習場に行く?


さて今日は何をするのでしょうか?
金の無い暇人は金の掛からない
遊びを見つけないといけませんね


永久に見つからないかも?


エビフライカレー


エリートの転落

=驕り=
大韓航空の専務が暴言を吐いて
水までかけたというニュースを
見て「驕り」と言う言葉を思い
浮かべた。


この女性はナッツ姫の妹らしい。
大韓航空の社長の娘として生まれ
何不住なく育ったと思われる。


金持ちの子供として生まれても
育てられ方の影響によって人格などが
それぞれ違うと思う。


育て方を間違えるとこんな性格
・プライドが高い
・人を見下す
・人の話を聞かない
・言うことを聞かない者は排除する
になってしまう。


優越感を感じながら育っているので
「驕り」も強くなっていって超ワガママ娘
が誕生してしまうのではないかと思う。


財務省の事務次官も超エリートコースを
順調に歩んで来てトップになり絶好調で
あったがこの人にも「驕り」が見え隠れ
する。


女性記者を呼び出したらすぐに出てきて
くれる優位な立場から記者が真面目に質問
しても丁寧に答えようとしない。


この女性記者を弄んでいる傲慢な
オッサンにしか見えない。
未だに強気でセクハラを否定している
のは負けを知らないエリートの「驕り」が
そうさせているのではないでしょうか?


金持ちの家庭で育っていなくても
出世街道を登りつめてやっとトップに
なった時点で無意識に潜んでいる魔物の
心が「驕り」として表面に出てくるのでは
ないかと思う。


裕福な家庭に育ち、育ちの良さや素晴らしい
品格を持った人と接したことがあるが話していても
疲れないし清々しい気持ちになる。


裕福でない家庭に育っても親の育て方に
よって品の良い子供に育つこともある。


シゲ公はどうや?
「驕り」は全く無いが品性は?と言われると
うーーんちょっとしんどいなぁ


初めてほうじ茶ご飯を食べた

球場に行きたいが・・・

=スポーツ観戦=
プロ野球やゴルフが開幕
したのでこれからシーズンオフ
まで楽しめる。


やはりシーズンオフは淋しい、
冬場は自分自身ゴルフをしないので
なおさらである。


スポーツ観戦と言ってももっぱら
テレビ観戦だけ、昔は甲子園球場に
行くことも多かったが今は行く気は
しない。


応援の仕方が随分変わった、じっくり
ビール飲みながら観戦したい(時々ヤジ飛ばすが)
自分には到底今の応援の仕方にはついていけない。


喧しすぎるし、立ったまま応援しているし、
みんなが同じ声援やし、もうオッサンには
無理かも知れませんね。


観客席をよく見ると、あまり年いった
オッサンがいないような気がする。


でもやっぱり球場での観戦は違い
ますよね、今年はプロ野球の観戦
ではなく高校野球でも見に甲子園
に行こうかなぁと思ったのですが


外野席は今まで無料だったのが
今年から¥1000取るみたいな
記事が載っていた。


金のないオッサンの楽しみが
また減るなぁ・・・・。


京都府にあるゴルフ場