ぐうたらシゲ公のつぶやき

勝手気ままに日々の生活の中で考えていることや
思いついた事を日記風に書きたいと思っています。

思い切って

―捨てるー
60歳過ぎてから自分の
身の回りのもの整理するように
なった。


釣り道具など売れるものは
ヤフオクで売った、100点くらいは
売れた。


売れそうにないものは廃棄、
もう着ることのない服は
すべて処分した。


でも未だ捨てきれていないものも
沢山ある、思い出の品や写真である。


自分が小さい頃の写真から学生時代の
写真がいっぱいある。もう一度見たい
なぁと思ったことが無いが何故か
捨てきれない。


紙の写真をこまめにデジタル化して
保存する人もいるようですが
自分以外に誰が見るのでしょうか?


自分の子供は恐らく見ないかも知れない、
子供が幼い時、たくさんビデオ撮って
やった、時間をかけてVHSからDVDに
変換までしてやったのに見ようとも
しない。


見ることのないもの、使わないもの
着ることのない服をもう一度
チェックして思い切って捨てたら
今以上にさっぱりするかも?


残り少ない未来を生きるために
過去を一旦整理して新たに出直す
為にはもっと捨てるべきものが
あるかも・・・。


野菜が高いのでしばらくはこれで





尊敬しています

―高須先生―
自分は毎日数名のツイッターを
見ている、その中でも高須先生の
ツイッターをいつも一番に見ている。


先生を好きな人、そうでもない人と
色々いると思うが自分は好きと言うより
「尊敬」している。


国内、海外で大地震や猛烈な台風で
被害を受けた地域や国に多額の寄付を
行っている。


外国に学校を建設したりもしている、
最近のニュースでは昭和天皇の
独白録の原本を3090万円で落札
した、そしてこの原本は皇室に
あるべきだとして皇室にお渡ししたい
と言っている。


この人は金の使うところを
知っているなあ、よくテレビに
取り上げられる成金とは違う。


あるテレビ番組の中で
チベット自治区に関して日本の
マスコミは中国に忖度して現状の
真実を報じていないとして
怒りをぶちまくられていた。


又、自治区の現状について独自で
得た情報の一部を紹介していた。


自分は高須先生のこの発言により
自治区の現状の一部を初めて
知り得た。


本当に勇気ある忖度する必要の
ない人の言葉である。


これからも高須先生の行動を
注視したいと思っています。


高須先生のツイッター




反対です

―服育―
東京の中央区にある公立の
小学校で今年の春から
イタリア高級ブランドの
「アルマニー」を標準制服と
して導入すると言う。


「さすが銀座にあるお洒落な
小学校やなぁ」と言うような人は
恐らくいないと思う。


有名私立の小中学校ではない、
この学校は公立です、こんな
贅沢な制服を着てどうするの?


小学生は運動場の中を走り回って
転んだりして元気よく遊びます。


服が汚れたり破れたりする事もある。
親は子供に
「高い服だから汚してはいけませんよ」
とか言うのかなぁ?


6年間で何着買うの?こんな高い服
何着も買えませんよね。


立場を弁えないからこんな発想
をしてしまうのでは、
公立の小学校には給食費も払えない
生徒もいるというのに・・・。


「銀座のお洒落な小学校」
街の高級イメージをそのまま
学校に持ち込んだと言う感じしかしない。


この校長は本来の「服育」の理念を
正しく理解していない。


これは反対すべきだと思う。


野菜は相変わらず高値ですね
特に白菜が高いなぁ

白菜は玉買えないので1/4サイズで