おっさんシゲ公のブログ

勝手気ままに日々の生活の中で考えていることや
思いついた事を日記風に書きたいと思っています。

恋人から夫婦へと その②

新婚から数年経つと
夫が嫁の事について色々と見えてくる。


結婚前に相手の事をお互いに色々と
聞いている。
「どんな仕事してるの?」
「実家の家族は?」
「趣味は何?」
などなど予め知っているつもりだが


お互い自分の欠点を最初から告白
する人はいない。
「あばたもえくぼ」で恋人同士の時は
相手の欠点より美点の方を考えてしまう。


ところが夫婦になるとこんなことが


―掃除はあまりしなし、食べたあとの
 食器はすぐに洗わないで翌朝まで
 残っている。


―手作りの食事が出来ると思ったが
 スーパーの惣菜ばっかりでガッカリ。


―夏、レストランで顔をおしぼりで拭いていた、
 「あんたはオッサンか?」


―嫁は昼間ゴロゴロしているくせに夫の
 稼ぎについてとやかく文句を言う、
 「いつも昼間何してるんかようわからんわ」


―夜も一人で別の部屋で先にグゥグゥ寝てる。


「もうやってられんわ、こんな嫁とは」
と愚痴っても仕方がないなぁ・・・。


嫁の悪いとこ指摘すると逆に反撃にあって気まずいこととなる。


「事前にもっと色々と聞いておくべきやなぁ」


「シゲ公、顔だけ見てたらアカンで」


「夫を上手にほめることができる嫁か」
「人前では悪口は言わない、夫をたてる嫁か」
「しっかり家を守り、子育てを任せられる嫁か」


「でも結婚前にこんな事までわかるか?」
「ハッキリ言ってわからんで」
「あとで気が付いてハズレと分かっても
 別れずにそのままと言う夫婦多いんと
 違うかなぁ・・・。」


「良妻賢母」
「理想の女性との出会いは難しいなぁ」


きん太のお好み焼きと焼きそば