おっさんシゲ公のブログ

勝手気ままに日々の生活の中で考えていることや
思いついた事を日記風に書きたいと思っています。

「関白宣言」の歌懐かしいなぁ

結婚する前にどこに住むかを
決めるとき何を基準にして
決めるのか?


昔は大体働くのは夫でしたので
勤務先の事を考えながら決めていた。


高度成長期の頃は嫁は家で家事と
子育てに専念出来た、夫は嫁を養う
ものだと言う意識が高かったように思う。
いわゆる専業主婦が多かった時代でした。


でも最近は共稼ぎが増えてきたので
二人の勤務先のことを考えて住むところ
を決めているようですね。


嫁はどうも実家の近くに住みたがる?
(自分だけがそう思っているかも)


確かに実家が近いと子供が出来たとき
母親に世話を頼めるという理由があるみたい。


夫の母親にはなかなか頼みにくいから
だと思う、嫁は夫の実家に泊まりたがらないし、
泊まっても窮屈だという。


結婚後は出来るだけ嫁のペースで
やっていくほうがうまくいくことが
多いのではないかと思う。


女性は実生活に根ざしていますから
必然的に何か強いパワーを持っている
ように思う。


嫁の両親に好かれることも大事です。
特に母親には・・・。


嫁の母親に自慢してもらえるような
夫であれば全てが円満にいきそうですね。


「嫁に従って生きるほうが楽ですね」
こう言う事を言うと叱られそうな・・・?


「情けない奴やなぁ、男の威厳は
 どこにいったんや?」


「おれは亭主関白や」


「今時こんなこと言う人あまり見かけんなぁ」


今日の昼ご飯 焼きそば
炭水化物ばっかりやなぁ