ぐうたらシゲ公のつぶやき

勝手気ままに日々の生活の中で考えていることや
思いついた事を日記風に書きたいと思っています。

信じるものは救われる?

自分はどうも腹いっぱいになるまで
食べることが多い。


「腹八分目に医者要らず」という諺がある。


酒も適量、食事も腹八分目くらいが
ええかなぁと思う。


ところが順天堂大学の医学博士奥村康氏は


●食べたいものを食べたいだけ食べなさい。
●年を取ったら肉より魚を取りなさいは間違い。
●玉子は1日何個食べてもOK。
●ジョギングなど激しい運動はしないほうがいい。
●コレステロールは気にする必要なし。
●腹八分目を続けたら病気になる。


これはいったいなんや?
「大食短命」と言って昔から大食いする人は
 早死にするやろ


コレステロールの数値は気になるで
先月の健康診断で数値がよくなかったので再検査や


玉子1日10個も20個も食べるバカおらんで


60歳超えたら肉食べろというが金ないわ
俺はサンマしか買えんで


でも、この人大学の先生やし、すべて間違った
ことを言ってないかも知れへんなぁ・・・


こんなことも言ってるし
「健康で長生きするには「いい加減さ」が必要と


「じゃ 俺は長生きするのかなぁ」


今日の昼ご飯 ペペロンチーノ

わりと美味しかった