ぐうたらシゲ公のつぶやき

勝手気ままに日々の生活の中で考えていることや
思いついた事を日記風に書きたいと思っています。

廃炉は遠い

ー原発事故いつになったらー
3月11日に起きた震災から
7年が過ぎた。


広範囲に被害を受けたので
今尚復興に時間がかかっている、
以前住んでいた地域に戻れない
人たちがたくさんいる。


それは福島原発の周辺に住んで
いた人達だ。


原発でこのような事故が起きる
なんて誰もが思っていなかったと
思う、東電は想定外だと言う。


原発に「安全」と言う言葉はこれで
なくなったと思う、これから稼働
し始める原発で津波でない要因で
起きるかも知れない、もし起こったら
電力会社はまた「想定外」と言うのか?


人類は核エネルギーを発見して
核兵器である原子爆弾を広島と長崎に
投下して多くの人命を奪った。


そして原子力による発電を開発して
世界各地にたくさんの発電所を建設
したがチェルノブイリや福島原発の
ようなとてつもない重大な事故を
起こしてしまつた。


今、世界は北朝鮮による核開発の脅威に
振り回されている、「核」と言う巨大な
エネルギーを発明したことが本当に
良かったことなのか?
こんな危険な核がなくても人類は
生きていけると思う、核に変わる
より安全なエネルギーを将来発見
することを願う、


福島原発は燃料棒の取り出しが
始まるというが、まだ重大な
取り出し作業が残っている、それは
燃料デブリである。


これを取り除くことはかなり困難
のようだ。


廃炉への道のりはまだまだ遠い。


カツとじ定食