ぐうたらシゲ公のつぶやき

勝手気ままに日々の生活の中で考えていることや
思いついた事を日記風に書きたいと思っています。

さらに強くなる

―チョレーイー
あの水谷準が負けるとは・・・。
勝ったのは14歳の張本選手、
自分は接戦でも水谷が勝つと
思っていた。


こんなに強くなっているとは
思わなかった、強い勝ち方だった。


水谷の時代は終わり新しいヒーロー
の誕生だ。


でも気になることがある、あの叫び声?
「チョレーイ」違和感を持つ、ネット上で
なんやかんやと色んな意見が飛び交って
いる。


福原愛の「サー」や「チョレーイ」の意味は
何んでしょうね、気になりますよね


テレビのインタビューでは特に意味はないと
言っていたようですが自分には不思議な
雄叫びにしか聞こえて来ない。


水谷選手もリオオリンピックの時、
銅メダルが確定した時の瞬間に気合の
入ったガッツポーズをしたので話題に
なり張本氏から「喝」を入れられた。


凄いラリーで競り勝ったときや
試合が決まった時くらいは
「よっしゃー」とかを発声して
片手によるガッツポーズくらいは
良いのではないか


しかし相手の選手のミスでポイントを
得たときにも「チョレーイ」を発するのは
どうかなぁ?自然にポイントを取るたびに
発声してしまうので今更声を出すなと言っても
無理かも知れないかも?


張本選手はいま頂点を目指してまっしぐらに
突っ走っている、これからもどんどん成長
して東京オリンピックでの期待がかかる。


でもこのまま順調に行くとは限らない、途中で
スランプに陥ることもある、プレースタイルも
変えることがあるかも知れない、まだまだ
未知の選手である。


もうすぐ節分ですね