ぐうたらシゲ公のつぶやき

勝手気ままに日々の生活の中で考えていることや
思いついた事を日記風に書きたいと思っています。

正社員とパートの違い

―勤務中の休憩―
パートやバイトは6時間勤務で
45分の休憩、8時間勤務の社員は
昼休み1時間の休憩がある。


企業によっては拘束時間9時間半で
1時間休憩と15分休憩が2回として
いるところもある。


ここで問題なのは決められた休憩時間
以外の「たばこ休憩」である。


自分が若かった頃はみんな机の上に
灰皿置き、たばこをパカパカ吸っていた。


しかし喫煙室が出来てからは席を離れて
行くことになる、ヘビースモーカーの人
などは30分から1時間おきに行くこと
もあるらしい。


正社員と時給で働く人の間に格差がある、
あるスーパーでは正社員同士が喫煙室に
1時間以上入ったまま出てこない連中も
いるとかと言う話もある。


パート社員はボヤく、「正社員の人は
ええなぁ、吸いたくなったらいつでも
遠慮なく行けるなんて」


続けて「同じ職場で働いているのに
不公平やなぁ」と


パートの社員が何回も喫煙室に行って
正社員の人と話し込んだりしていると
タバコを吸わない別のパートの社員から
不満が出てパート同士で揉めたりもする。


喫煙は決められた休憩時間にするべき
だと思う人が多いのでは?


皆さんはどう思いますか?


「たばこ休憩」以外に「トイレ休憩」や
「水分補給休憩」なるものがある。


トイレに入ってなかなか出てこない
人もいる、「スマホ休憩」しているのか?


時間を決めただけではダメなんです。


パートやアルバイトの多い企業は
社員がどのように休憩を取っているのか
実態を調査してすべきである。


無駄な時間を削減できますよ。


ゴルフ場での昼食、天津飯