おっさんシゲ公のブログ

勝手気ままに日々の生活の中で考えていることや
思いついた事を日記風に書きたいと思っています。

表札が・・・

―表札―
マンションなどで郵便受けや
玄関などに表札のない家が
意外と多い。


運送会社の配達員などは
苦労しているのでは?


大きな団地になると棟が
沢山ある、棟にそれぞれ
同じ部屋番号がある、表札の
ない家に訪問する時、棟を
間違えると部屋番号が同じでも
別のひとの家を尋ねることになる。


住所に何号棟の何号部屋まで記載
又は言ってくれると行きやすいのですが
何号棟を言わない人が多いので
家を見つけるのに時間がかかる。


あるスーパーの苦情処理の担当者は言う、
夜間、お客様宅へ訪問する時、表札のない
家のチャイムを押すとき「間違ったら
どうしょう」と思いながら押すことも
ある、「夜間なのですごく気を使います」
と言っていた。


なぜ表札を出さないのか?
それは色んな理由があるみたいです。
防犯面からの理由が多いらしい、


家の周辺で「○○さんの家はどこですか?」
と尋ねられることが時々ある。


明らかに配達員であれば教えても良いと
思うがそれ以外の人には「最近、引越しした
ばかりなので」とか言って教えない方が
いいかも知れませんね。
聞いているひとの目的が分からないので


表札は必ず付けなければならないと言う
決まりはない、欧米では番地だけらしい。


江戸時代、庶民は苗字が無いので出すこと
は当然出来ない、各藩の藩邸も表札はなかった
らしい、町案内みたいなものがあり、地方から
来た武士は出かける時はそれを見ていたらしい。


家族全員名前を記載している表札を
見ることがある、家長だけで良いのでは
と思うが?・・・。


ゴルフ場の昼食 あんかけそば