ぐうたらシゲ公のつぶやき

勝手気ままに日々の生活の中で考えていることや
思いついた事を日記風に書きたいと思っています。

酒の飲み方変わったなぁ

日本人の酒の飲み方が昔に
較べて随分変わったなぁと感じる。


1970年代はビールはホップの香りと
少し苦味のあるラガータイプのビール
が主流で発泡酒や第三のビールなどは
なかった。


昔は居酒屋で飲むと言うよりスナックで
飲むことの方が多かったように思う、
飲むのはウイスキーの水割りがほとんど
でした。スタンダードクラスのスコッチを
よく飲んだ記憶がある。


この頃、デパートの酒売り場には大量の
スコッチウイスキーが山積みにして
販売していた。低価格の外国産のワインも
盛んに試飲販売していたなぁ・・・。


酒の歴史や文化は日本よりヨーロッパの方がはるかに
古いし、ウイスキー、ブランデー、ビールの他に
リキュールなどがあり種類も豊富。


日本人は酒に関しては割と淡白でより良い
飲みものをあまり追求する事がなかったので
外国の酒が入って来るまでは主に日本酒だけ
を飲んでいた、酒の文化に関しては圧倒的に
ヨーロッパの方が進んでいたように思う。


日本酒しか飲んでいなかった日本人が
明治以降に色んな外国の酒を飲むようになり、
日本酒メーカー以外の会社が出来て国産の
ビールや洋酒を作り出したので酒の飲み方が
随分変わってきた。


焼酎を飲むのは昔、九州地方の人たちが
多かったがいつの間にか全国区に
なっている、メーカーの戦略でウイスキーも
1950年代頃?に流行ったハイボールが
今、ポピュラーな飲み方になっている。


一番変わったのがチューハイですね、
ビールを抜く勢いで伸びているように
思う、スーパーのチューハイコーナーの陳列
スペースがビールと同じくらいになっている。


日本ではメジャーな飲み物になったチューハイ、
ヨーロッパやアメリカの人たちに受け入れられて
世界的な新しい酒になるのでしょうか?


それとも日本人だけの酒なのか?


免許証を返上したら電動アシストが欲しいなぁ